JBA認定バリスタ焙煎する珈琲屋もるげん珈琲
 

珈琲豆の挽き方

珈琲豆は種類によってそれぞれ味に違いがあり、ストレートとブレンドの2つのタイプがあります。
また、豆の挽き方によっても味わいが変わってきます。こちらでは、珈琲豆の挽き方をご紹介いたします。

  ストレートとブレンドの違いについて

一種類だけの焙煎豆のみからなる珈琲がストレートになります。
産地ごとに苦味や香りが異なり、その豆の風味を堪能する事ができます。
味や香りのバランスを良くするため、数種類の珈琲豆を混ぜ合わせる事をブレンドと言います。
ブレンドする事でいろいろな珈琲豆の持ち味を活かし、香りの広がりやまろやかさ、やさしい風味を出せるので味の可能性が無限に広がります。

  挽き方
挽き方

珈琲を抽出するにはミルと呼ばれる機械で豆を挽いて粉状にします。
珈琲豆は荒く挽くと酸味が強くなり、細かく挽くほど苦味が強くなる特徴があります。
豆の挽き方は数段階に分けられており、挽き方によって味わいが変わってきます。

  • 極細挽き

    白糖ほどの細かさにした挽き方です。
    苦味が強いのでエスプレッソなどの濃厚な珈琲を抽出するのに最適です。
    細かく挽いた豆は酸化しやすく風味がなくなってしまうので、使いきる分だけ挽く事をおすすめします。適した器具はエスプレッソマシンやイブリックなどです。

  • 細挽き

    市販されている珈琲より少々細かい挽き方です。苦味とコクを味わいたい時におすすめです。
    ウォータードリップなどが適しています。

  • 中細挽き

    最も多い一般的な挽き具合で市販されている粉珈琲ほどの挽き方です。
    ペーパードリップやご家庭の珈琲メーカーなどが適しています。

  • 中挽き

    ザラメ糖とグラニュー糖の間くらいの挽き方です。
    サイフォン式やドリップ式などが適しています。

  • 粗挽き

    市販のザラメ糖ほどの粒度で、苦味が少なく酸味が強めの挽き方です。
    パーコレーターなどのお湯で煮出す方法に適しています。

  ギフトにする際は

コーヒーがお好きな方の中にはミルを使ってご自宅でコーヒーを挽いたり、オリジナルブレンドを楽しんだりされる方も多いです。
コーヒーがお好きな方は産地や焙煎方法、挽き方など様々な種類のものをコンプリートされている事も多いです。
たくさんの種類を珈琲豆のままプレゼントすると喜ばれるのではないでしょうか。

バリスタが焙煎

珈琲は挽き方によって、苦味や酸味を調整して様々な味を楽しむ事ができます。
当店ではJBA認定のバリスタが焙煎した珈琲豆を販売しております。
ストレートコーヒーはもちろん、様々なブレンド豆をご用意しております。